【『論理エンジン』は、静かなる自己啓発プログラムです。天野功一】

私はそう言い切れる。

 

いろんな人からいろんな相談ゴトを受ける。
相談の共通点は、自分が変わりたいって気持ち。

———————————————————————-
論理エンジンは、静かなる自己啓発である
———————————————————————-
自己啓発セミナーを次から次に制覇?してるヒトが多い。

 

多くの悩みは、自分が変われない。
自分を周りが分かってくれない。
他人とうまく向き合えない。みたいなこと。

 

そんな自分を変えようと自己啓発セミナーに通うのだが、
一部を除いて、その時の高揚感がだんだん薄れる傾向がある。

 

一方、論理エンジンは、地味にコツコツと始まるが、
だんだんと自分自身と周りのヒトに良い影響を与えて行く。
しかも、一度身につけば、一生使える。
———————————————————————-
論理エンジンは、受験用なのでは?
———————————————————————-
ひとつ実例をあげる。
もともと入試のために創られた論理エンジン。
大学入試で論理エンジンを身につけてから、
全部の教科の点数が上がった。
それで、念願の大学に入れた。

めでたしめでたし。

でも、それで終わりではない。

社会人になって、ますます、論理エンジンが生きてる。って人が多い。
それはなぜなのか?

———————————————————————-
論理は、感情と結びついて最強になる。
———————————————————————-
私は感情営業プロデューサーと称している。

 

「感情」×「論理」=アマノメソッド→感情営業スーパプロデューサー。

って謎の公式を現在の名刺のウラにしっかり印刷してる。

 

それだけ「論理」ってことを大切なキーワードだと思っている。

私はリアルな営業には自信がある。
どうにかできると思う。どうにかなる。どうにかしてやる。
と思いながら営業をするので、どうにかなる確率が高い。
短い時間での交渉も得意としてる。

 

サラリーマンの終盤は全国を回って、
地域を代表する営業会社向けの個別コンサルをやっていた。

 

そこで、自分の話法とか考え方とか感じ方について冷静に整理してみていた。
「なぜ営業が出来るのか?」という状態を、
個人の「超能力」にしてしまわないで、
冷静に分析してみようと思いついたのだ。

 

例えば、
私が交渉する現場だけを見た人が、
なんか面白い。良かった。スゴイ。
という感想を持って頂いたとする。

 

でも、感覚的なものであるとして、
説明できなければ、誰かに渡すことはできない。
多くの時間と経験が伝わらない。終了だ。

 

私が死んだりしたら、営業なんかすごかったよね。
なんまいだぶ。チーン。線香はどこ?

 

みたいな話になってしまう。それは嫌だ。

 

伝えなきゃ。残さなきゃ。必要なヒトに。生きているあいだに。

 

 


論理は、感情を解き明かす。
———————————————————————-

 

そこで、見つけたのが論理エンジンであり、

出会ったのが、
論理エンジンを自ら創り出した出口汪先生だった。

 

最初は、
サラリーマン時代のラストに出口先生のいろんな講演に
都度通って、エッセンスを学んだ。

 

そして確信した。

私は無意識に論理エンジンの根幹に似た思考法をしていた。

 

そこで、正式な弟子として論理エンジンを出口先生から直接学んだ。

 

論理エンジンの教材は主に入試問題を出口先生がチョイスして、
丁寧に解説していくというもの。

解説が素晴らしいので、ずっと解説に聞き惚れていた。

 

でも、最後の最後近くなって、
論理エンジンのテキストで取り上げてる入試問題が
ジツは素晴らしい名文だらけだということに気づく。

 

それぞれが、たった1、2ページくらいの小説や評論を切り取った一部。

しかも受験会場で解くやつ。

 

論理エンジンを自習して行くと、
だんだん簡単に正解が出せるようになる。

 

そうすると次の段階では、
読むと涙が出るような文章が多いのにやっと気がつく。

 

論理エンジンでは、
発信した作者が何を言いたいのか論理を使って解くが、
最後は作者の感情の本質に触れていく。
動きがわかるようになる。

 

論理エンジンの奥義は、
『感情→論理→最後は身についた論理のチカラを活用して
 感情を解き明かす。感情の本質に触れる。』

 

———————————————————————-
論理エンジンを私はビジネスの場で、注目させる。はやらせる。
———————————————————————-
これはビジネスに役立つ。

いそがば回れ。

 

これからは論理エンジンをビジネスの世界やオトナに『はやらそう』
そう思いついて、日々活動している。

 

論理エンジンを武器として活用し、論理力を増加させる。
そうすれば、営業力はアップする。

 

「論理エンジンを自己啓発のテキストとし、同時に、ビジネスの武器にする」

 

それが、
私の「感情営業力パワーアッププログラム」の重要な柱になっている。

 

▼《「プレゼンテーション」あなたの会社に足りないのは論理力だけです》▼

http://sege.jp/amano-em-selling-ronri-eng.html

 

 

▼論理エンジンお申し込みはこちら

https://maroon-ex.jp/fx58857/h05COC

人はどこからでもいつからでもヒーローになれる。

 

□■□■byプロフェッサーアマノ□■□■□■□■
100%を150%に変えるコンサルタント。
「感情」×「論理」⇒感情営業スーパープロデューサー